毎日、朝から夕方まで、工房のあるアジャラクプールにいるんだけど、来て間もない頃に困ってたのが、食事。

村には2箇所、食事を提供してる場所があるんだけど、どちらも少し利用しにくくて。

 

1つは村にあるスルジャンミュージアムのちょっとしたカフェ

博物館自体は、とっっっても素敵な手刺繍があって、観光にきた外人さんには、まずここをお勧めしてます。で、当たり前だけど入場料が必要。

ご飯食べるために毎回入場料払うのはちょっと、、、。

 

2つ目は、インドの定食、ターリーを出してくれるレストラン。至って普通のレストランです。

だがしかし!オーナーさんが外国人女性とあらばとりあえず、的な方(偏見だったらごめん)なので、ちょっと行きにくい。それをキッチンから見てる奥さんの視線が痛い。

 

そして、2箇所ともそうなんだけど、何と言っても、遠い!これ!!!

肉体労働の後に、炎天下の徒歩は、ちょっとしんどいんです。そもそも休憩時間は1時間だし。

 

じゃぁどうするか。

ゲストハウスはキッチンが無いので調理ができず。

朝ブージを出発する時間帯は、お店が開いてのでご飯が買えません。

前日の夜にフルーツを買って、当日持参してくのも試したけど、ナイフも必要。

行き帰りが、ガッタンゴットンのバスで、ナイフをカバンに入れて持って行った日は、だいぶ怖かったから、もう嫌。笑

 

食事に関しては結構死活問題だよな〜と思ってたんだけど、ある日、村に野菜を売りに来るトラックを発見したんです!!これだ〜!!

生で食べれそうなのがトマトだけだったけど。笑

それからというもの、お昼は基本的にトマト。来る日も来る日もトマト。

 

 

彼らは大体、カレーを持参してます。

ちなみに、朝ごはんはビスケットとチャイ。栄養的にやばいよね。ただでさえ体力使うし、それに加えて暑い。でも他に良い方法も見つからないので、夜ご飯で補うよう気をつけてます。

ちなみに、元気!

 

 

 

先日に引き続き、織物柄の染めを試してます。

ほっそいストレートのブロックを無数に押して、その上から模様を付け足す。この技法は結構気に入ってる。

 

 

チェックも引き続き。

 

 

ここまでがブロックを押した状態。これを藍に浸けます。

染め上がりは、、、想像してたのと大分違う。

 

 

どれとは言いませんが、ブロックを押した時点で、これは!!ってのが、いざ出来上がると、あれってなったり、もちろんその逆も然り。

染め上がるまでは、ほんとわからん。

厄介で面白いところです。

毎日一喜一憂してます。

楽しいです。

今回染めたのは、端処理をして、ストールになるよ。