先日の北海道地震以来、実家が札幌なので、家族ラインがドタバタしてます。

家の状況、街の様子、余震に備えての豆知識。余震が起きた時のリアルタイムな返事とか、緊迫感が恐い。

北海道は台風が来ない、なんて数年前までの話で、今回はまさかのWパンチ。家の目の前にある公園の木々がなぎ倒され、風景が一変してました。北海道でこんなことが起きるなんて未だに実感できてない、、、。

 

ずっと停電だったから、電気が無いことが、いかに不便かって、母が嘆いてて。

冷蔵庫が使えない、空調が使えない、料理ができない、肉と魚が食べられない、レンジが使えない、ドライヤーが使えない、洗濯機が使えない、、、。

ないないづくしで大変そうだ。

 

って、あれ、、、今の私の生活と同じ、、、。

 

 

デリーからブージへ戻って、早数日。しばらくぶりの更新になっちゃった。

デリーは、ひたすらカフェでゆっくりしたり、ウィンドウショッピングしたり、久々の日本食に舌鼓を打ったり。完全に小旅行気分で良い時間でした!

5日ぶりにブージに戻って、すっかり早起きできなくなっちゃってた。

でも、やっぱり制作は楽しい!

あ〜〜、幸せだ〜〜。

生活水準が低くても、この工房で制作してる瞬間に、とっても幸せを感じてます。設備も職人さんも最高!

 

 

 

1枚目、ブロックで捺染後

2枚目、藍染後

3枚目、媒染済の完成品

 

ほっっそーーいストライプのブロックを使って、織物のようなエフェクトが出せたら綺麗そうだな〜と思って。このブロックの扱いがとっても難しかったけど、面白い!

 

 

くたびれ感。

結構好み。

 

 

完璧に出来てない、かすれてる程度の防染が好きです。機械じゃ絶対出せないような、手の温もりをダイレクトに伝えられるようなの。

 

アジャラックブロックプリントを知らない人にも、手に取ってもらえる、単純に綺麗な布を作りたいな、と日々耽ってます。

アジャラックの色は出しつつ、モダンテイストに持って行くのもいいよなって。

で、綺麗!って思ってもらえたなら、ぜひ本物のアジャラックブロックプリントを見に、ここに来て欲しい。実際に、手に取って、じっくり鑑賞して欲しいです。

問題は、ここが日本から遠いってことだよなぁ。

 

 

でも、実際に作る過程を見たら、きっと驚くよ。

 

 

そして、急に料理しだす。

 

 

野菜と小麦粉?とスパイスをこねたタネを揚げてた模様。味見させてくれたんだけど、めちゃ美味しかった。ジャガイモがホクホクで甘々。

こっちの味付けって、調味料やスパイスどばどばで、えいやって感じのが多いから(それも美味しい)、素材の味が活きてるとホッとするね。

 

 

休憩時のチャイ担当も、だいたいこのお兄さんです。優しい味。

気づいたらいつも掃除してる。もちろん、普通に制作もしてる。

まったく会話できないけど、困った時は、よく助けてもらってます。

 

頼りになりすぎる。いつもありがとうございます!