先日、工房をお休みして、カッチはバンニ地方へ行ってきたよ!

実に3年以上ぶり。

 

 

バンニ地方とは、ブージを中心とすると、北の方のエリア。

この土地特有の民族衣装を着た方々が住んでいて、それを観に来る方も多いよ。数年前の地球の歩き方では巻頭特集されて、メジャーになってきた!

私たちはKhavda(現地ではカウダと呼びます)とDhordo(ドルド)って村に行くことに!

ゲストハウスに日本人のあんずちゃんが来たので、2人で一緒に〜!久々の日本人だ〜!

 

 

朝7:30にゲストハウスを出て、トゥクトゥクでニューバススタンドへ。カウダ直通バスは8:15!途中のブリンディヤラで休憩タイムがあるので、ホワイトラン周辺の村に行きたい人は、ここでで乗り換えになります。バスのお兄さんに、あらかじめ伝えておくのがベター。

 

 

ドルドはね、もうね、かっこいい!!!

 

 

単色のムスリムの上下に、これまた単色のストール縛り!各々の組み合わせを見てるのが楽しいし、集団の威圧感がすごい!

 

 

かわいいなぁ、、、。

いいなぁ、ストール文化。

村にはあちこちにテーラーがあって、壁にはこのセットアップがたくさん並んでます。私も作ってもらいたい!日本で着たいなぁこれ!

 

女性は宗教上、写真不可な方が多いんだけど、煌びやかでゴッツくて、かなり印象的な衣装です。

やっぱりバンニ地方、良き!!

 

 

次に向かったのはドルド。

到着した時は、え??ってぐらいシーンとしてたけど(9月はシーズンオフだしね)、迷路みたいな道を入っていくと、この土地特有の可愛らしい家々が。

 

 

中から出てきた女の子たちも、とっても可愛い!!!

この日は、たまたま迷い込んだお家の方が、親戚一同で刺繍をしてる家系で、色々見せてくれたよ。ゴリゴリのムトゥバ刺繍を購入!

 

 

奥から日本の古い雑誌を取り出してきてくれたんだけど、なんとカッチの布が特集されてました。執筆は岩立フォークミュージアムの岩立広子さん。この家のことも載っていて、ずっと前から日本人と交流してきた家族だったみたい!

対応してくれたソフィアさんも、英語が喋れて気さくなお方。また行こ〜!

 

 

ドルドからの帰りは、全くバスが捕まらず、ヒッチハイクをハシゴして、無事ブージに帰ったよ。観光シーズンでもないと、ほんと車通りが少ない、、、!

村巡りは、車かトゥクトゥクをチャーターしないと、なかなか厳しいな。

カッチ地方は、他のインドの地と、ちょっと環境が変わるのか、体調崩す人が多くて。特に短期で来られる方は、チャーターをお勧めします。

炎天下での、待ち時間とか荷台での移動とか。移動に体力持っていかれます、、、。