宿にイスラエルとフランスの女性がやってきました!

ジャパングリッシュも丁寧に拾ってくれて、一緒にご飯食べるのがとても楽しい!久々だな、こういうの!

彼女たち明日ブージを出ちゃうから、また1人ご飯だよ〜。誰か来ないかな〜。

 

 

今日も朝からアジャラクプールへ行ったんだけど、アトリエが珍しく鍵かかってて。

ゴミ拾いの道具が中に置いてあって、今日の掃除は断念。まっすぐ工房へ。

 

 

工房に着いたら検品大会してました。

新しいテクニックを使った染物多数で、これどうやったんだろって。色んなのが出るねぇ。

それにしても布布布。

 

今日もきっと待機時間長いんだろうな〜と思って、時間できたら呼んでねって自己申告しました。

1時間ちょっと検品作業を眺めて、みんなでチャイ休憩に入った後、お呼ばれ〜。

まずは、昨日まで干してた布を洗います。

 

 

お手本。今日付き添ってくれたのはディーファンくん。ディーもファンも良い漢字が思いつかなくて、出井扇という微妙なジャパニーズをライティングしてあげたら、めちゃ喜んでいた、、、ごめん。もっとかっこいいの考えるから。

 

貯水地の中でバシャバシャやったあと、畳んでコンクリートの上に置き、大きな木のヘラで思いっきり叩きつけます。音がすごい。かなり遠くまで響く。

 

 

交代。

思ってたより木のヘラが重い!

でも結構いい音出しました!!

後ろの2人は終始ケラケラ。あ、でも2人とも良い人です!

 

水の中でバシャバシャやって、畳んで、5回ほど思いっきり叩く、を5セット。

 

ちなみに段々貯水地になっていて、私がいるとこは綺麗な水が流れて入るところの一段下、この時点でだーいぶ濁ってます。

でも、冷たくて悪くない、かな。

炎天下でずっとこの作業してる人達の体力凄まじいなぁ。

 

 

お次に、布を振りかざして直にコンクリートに叩きつけます。

バシャバシャからの5回叩きつけ、を10セット。

写真撮り忘れちゃったので先日撮った参考写真をば。

 

 

この作業が終わる頃にはビショビショでした。

水を吸った布(11m)もズボンも重重〜。いつも外野からの見てたけど、ここ重労働だね〜。

 

 

軽く絞って、乾燥機へ。何があってこんな形になっちゃったのか。

 

そして、ここからが、やっと2/16のプロセス、ミロバラン浸染。やっとか!道のり長いわ!

これをやることで、染料が布に入りやすくなるんですよ。

 

 

ミロバラン(ハルデの木の粉)250gに対し水1ℓで混ぜ合わせます。

そこに先ほど乾かした布を入れて、足で踏み込んで浸透させます。

ちょっと踏んだら、液が均等に入るように、畳み直し。

 

 

交代。

 

 

だいぶ濃いめの黄色でして。

2分踏んだだけで、足の爪が黄色く染まっちゃっいました。日焼けもしてるし、別人級だ。

 

踏み終わったら、ここからは手を使って満遍なく染み渡るように、何度も広げては浸けて、広げては浸けて。3分ほど繰り返したら、絞って、干します。

 

 

いえ〜い!

長いな〜!

右のサリーも結構長いのに。

途中石を動かして、乾き残しがないようにね。

 

 

乾いたら、コンクリートに叩きつけて、余分なミロバランを落とします。

こんな工程があったんだ!

 

 

へっぴり。

 

 

乾燥して粉に戻ったミロバランが、あたりに舞い散って凄いことに。白いTシャツが黄色くなっちゃったよ。

 

はい、これにて、染める前の布の下処理が終わりました!3日かかっとる!明日からは実際にブロックで捺染していきますよ〜