ブロックプリントで有名な村、バグルー!
バグルーの工房へ行ってきたので紹介します。

 

 

ジャイプールの中心地からバスで1時間くらい。

村で降ろされるのかな、と思っていたら、結構大きなハイウェイで降ろされました。

よく分からないまま歩いていると、バグルーと書かれた看板を発見!

 

 

こっからが本番!

いつものごとく、人に聞いて回りながら工房を探しました。

歩くにつれ風景がどんどん田舎になっていきます。

 

迷っている最中、インドに来て初めて野生の豚に出くわしました。
写真を撮ったと思ったんですが、データが見つからない。

イスラーム圏の方は、宗教上豚肉を食べません。

その理由は色々ありますが、1つが不潔さです。

日本の豚のイメージしかなかったので、うーん、そうかなぁ、わりと小綺麗なピンクだよなぁ、なんて思っていました。

が、そこで出会った豚は確かにちょっと、、、。

こんな例え方失礼かもですが、もののけ姫の冒頭にでてくるタタリ神が浮かびました、、、。

毛がどす黒くて、泥で固まっててハリネズミのように尖って。
毛で隠れて目がどこにあるかも分からず。

これは食べられない、、、病原菌も色々持ってそう、、、。

 

そんなことを考えながら歩いてると、おなじみのあの音が。

 

 

ここでもブロックが彫られていました。
木の棒で杭を叩くリズムが、いつ聞いても耳に心地良い。

このおじさんに、有名な染色工房が近くにないか聞いてみて、教えてもらった通りに進んでいくと。

 

ありました!地面に布が広がるお馴染みの光景!

 

 

ここはバグルーで恐らく1番有名な工房で、インド屈指のブロックプリント職人、スーラジさんがオーナーを務めています。

いきなり現れた私たちに、スーラジさんの息子、ディパックさんが工房内を案内してくださいました。ありがたすぎる。

 

 

↑ディパックさんと、染められた布たち。

 

 

この工房は、自然染料と泥染による防染が特徴的でした。

ブロックを押して捺染してから、今度は防染する部分にもブロックを押します。泥を乗せていくんですね。

 

 

そして、砂をさらさら〜と被せます。
ブロックで泥を置いたとこだけ、砂がくっついて残るんです。

 

 

こうすることで、藍などで浸染しても、その部分は染まらずに地の色が残ります。

頭では分かってても、実際にここで見てみて、本当にこれで染まらないんだなぁと。

 

 

小分けにして使ってた泥を、大きなバケツに戻してるとこ。

 

 

今まで見てきた工房は、ブロック職人はほぼ男性でした。ここでは女性も働いてます。

男性はすごいスピードで進めますが、こちらの方は、一回一回乗せていくように押してて、丁寧さが伝わってきて印象的でした。

女性のブロックプリントいいなぁ。

 

 

でも、打って変わって、この方の足踏み水洗は激しかったです。笑

 

 

工房内は良い雰囲気。
作業場って感じで、すがすがしくて、好きです。

ブロックも、わかりやすく整理整頓されてて、あれ、インド、、、?

結構衝撃。

 

 

埋め込まれた藍釜は色がとっても濃くて、一瞬で染まりそうでした。

 

 

自由が丘にある岩立フォークミュージアムの岩立さんがいらっしゃいました。笑

一瞬写真かと思ったら肖像画!!
長い付き合いなんだそうです。

 

 

とっても細かい模様が施された藍染の布を購入し、工房見学終了!

ディパックさんありがとうございました!!

 

 

チャイ休憩にお呼ばれ。

素敵な工房でした。

 

ちなみに、バグルーの工房で、もののけ姫のシシ神様そっくりの水牛を拝謁しました。

目を逸らすことができません。

ぜひPCのスクリーンで見つめてください。

 

 

 

” 西インドの布について “ に戻る