光っては消え、どこまでも。

幾何学が命を得て、生き生きと続いていく。