アジュラクプールでブロックプリントしてるって言うと、日本人だけでなく、現地の人からも、よくご飯はどうしてるの?って聞かれます。

 

今日はそのことでも。

 

 

まず、朝ご飯は、バス停留所で売ってるチャイとビスケット。

ほぼこれだけ。

 

朝早い出発なのであまりお店空いてないです。

、、、というのは、ちょっと言い訳で、いつもギリギリに起床するため、ゆっくり食べてる時間もない。

 

 

 

 

昼。

 

これは去年から続く問題で。

働いてる工房の近くにレストランが無いんです。

 

近くの売店でスナックやヨーグルトを買ってしのぐか、朝、村に来る野菜売りのトラックから買ったトマトを食べるか。

それかもう1つ、ちょっと距離のあるLLDC内のカフェに行くか。(ちなみに、LLDCはNPOスルジャンが運営する多目的施設です。)

 

 

最初は、近くの売店で、さくっと買って食べて、すぐ制作に戻るようにしてました。

ご飯ともなんとも言えない、お腹に何かを入れる、という行為。

 

10日くらい続けてると、活力が無くなっていくのがわかります。

 

去年普通にこんな生活してたけど、一体何だったんだろう。よく続けられてたよな。

 

ごはん、しっかり食べなきゃ、このままじゃ倒れる。途中から、お昼はLLDCで食べる生活に切り替えました。

 

ここの一番の問題は、なんといっても距離。

工房からのカフェまでは徒歩20分くらい。

それくらい、歩くの好きだし、なんともないんですが、

 

ですが!

しかし!

とにかく!

 

暑い!!!!!!!!!!

それもめっっっちゃ暑い!!!!!!!

 

意を決してLLDCに通い始めるも、最初の3日くらいは心が折れそうでした。

 

フラフラでカフェにたどり着いて、ご飯食べ終えて、そんで歩いて工房戻ると、もうヘロヘロ。

午後の制作がきつい。

 

ちゃんとご飯食べて活力つけるはずが、余計疲れてる。

 

栄養不足でフラフラになるか、暑さでフラフラになるか、究極の二択。

 

 

でも、今までもそうでしたが、環境への順応って、慣れそのものです。

数日通ってると、だんだん炎天下での徒歩にも、慣れます。今では普通に歩けるし、汗をかく量も大分減りました。

 

 

 

ちなみに、LLDCのターリーは、どこか有名なレストランで料理長をしてた人が監修してるらしく(曖昧ですみません)、素朴ながら、とっても美味しいです。全て日替わり。

今では、毎日の楽しみの1つです。

制作の合間の、ここでのご飯が欠かせません。

 

(本来は入場料が必要なLLDCですが、ほぼ毎日ランチだけ食べに来る、という約束で、フリーにして頂いてます。)

 

夜は、帰宅時間と、レストランのオープン時間が合わないので、ストリートフード食べたり。

 

 

 

 

生命の木なんて呼ばれる、ココナッツを食したり。

ミネラル、水分、タンパク質、炭水化物、脂質等を補えるみたいです。熱中症にも◎

ブ厚い皮をその場で切ってもらって食べるので、他の果物や野菜と比べて、衛生的にも良いです。市場めちゃハエいるからね。

 

 

どうしても!

今日は!

ちゃんと食べたい!

 

って時は、レストランが開くのを待ちます。

 

 

 

 

 

 

日本食恋しくならない?

もよく聞かれる。

 

 

あんまりならないかな、笑

 

 

 

たまに、猛烈に、

日本のスーパークリーンなパッケージに包まれた何かを、安心して食べたい。

 

そんなのはあります。