布の産地、ラジャスターン州はサンガネールで、ブロックプリントに使うブロックを彫りました!

町の様子については、他の記事でも書いたので、良かったら見てみてください〜。

サンガネールについて

 

サンガネールには、ブロックを彫っている職人さんが並ぶストリートがありまして、この度も、「ブロックを彫ってみたいのですが、、、!」と直談判して回りました。

行き当たりばったり、3〜4件の工房にお願いして、門前払い。

めげずに回ってたら、とある工房の若いオーナーさんが、ちょっと考えたのち、受け入れてくれました!やった〜!

 

授業料を交渉したら、早速制作!

 

まずはどんな柄を彫るか。

 

 

上下左右にスタンプしても、柄が繋がっていくようなデザインを考えます。

この時は、渦巻き文様にはまっていまして。くるくるした部分がばっちり合わされば、かっこいいだろうな〜と。色んな広げ方がありそうだしね。

 

デザインが決まったら、それを木の表面に写して、彫り始めます。

 

 

ブロックプリントに使う木は、チークの木です。

アジアの熱帯モンスーン気候の地域に成育していて、とても堅く、伸縮率が低く、水にも強い!まさにブロックプリントにぴったりの材質。

右手に持つ木の棒で、左手に持つ杭を打って、彫り進めます。

木が堅いので、ちょっと彫るにも一苦労でした。武蔵美でコンクリートの彫刻を経験したことがあったけど、それより堅い!そして細かい!

 

 

渦巻きの中の細かい部分は、火を起こす要領で目打ちをまわして、小さな穴を開けてから。

 

 

彫る際に使う道具は、基本的にこれだけ。とってもシンプル。

 

 

サンガネールの彫刻工房はどこもぎゅうぎゅうでした。この光景が朝8時頃から17頃まで続きます。たまにチャイブレイクがあります。

 

 

彫り終えたら、別の場所に移動して、少年に木をカットしてもらいます。側面をヤスリで整えたら完成!

 

 

でん!

 

プリント工房に移動して、いざ実践!

 

 

、、、が、なかなかうまく押せず。

以前、プロが彫ったものを押した時は、柄が簡単にピタッと合わさりましたが、3つのブロックが微妙にずれてしまう、、、!

 

 

でも、まぁ、可愛いからいいや!

ってことで、初めてのブロック彫りでした。

 

すごいシンプルな柄ですが、これ実はかなり苦戦してます。かなり時間かかってます。

柄にもよりますが、プロの方でも、1つのブロックを彫るのに10日以上かかるのだとか。

ここからは、この工房で働く職人の凄腕をご覧ください〜。

 

 

 

はぁ。

自分でやってみると、インドの職人さんがいかに凄いか、心底身に染みました。

 

こちらは、オーナーのお父さんが彫ったものらしいです。わざわざ奥から引っ張り出して、見せてくれました。本当に凄かったです。

 

 

お世話になった方々は “Block Maker” というブランド名?工房名?で活動されてます。

アノーキーにもブロックを提供してるみたい。

彫るスピードと、その精密な仕上がりは、圧巻。
是非実際に訪れてみてね!