今日は、大阪の阪急うめだ本店にて開催されている、「カッチの布」を見に行きました。

感動冷めやらぬうち、レポートをば!

 

事の始まりは、去年の夏。

大学の夏休みにカッチ地方のアジャラクプールに布を見に行った時。

いつもお世話になっている、工房リーダーのスフィアンが、「来年日本で展示するよ!」と教えてくれたことでした。

 

それから早1年弱が過ぎ、先週の6/13、阪急うめだ反転にて「カッチの布」が開催されました。

今日は最終日前日の5日目。

展示会場は、想像してたよりずっと広々!フロアをほとんど貸し切っての展示でした。

 

 

 

カサブ以外、全て現地でお邪魔した工房だ〜!すごい〜!!!これはテンション上がる〜!!!

 

 

アジャラックプールとダマルカのアジャラックブロックプリントも沢山ありました!

 

 

相変わらず刺繍が細密すぎてやばい。

阪急なので、ふらっと寄ったおばさま方が沢山いらしてて、商品を手にとっては、これ手刺繍なの?と驚いていました。

 

展示会場では、毎日何かしらのデモンストレーションやワークショップがあるらしく、今日の一本目はターバン講座。

この展示会のオーガナイザーであるcalicoのふみえさん(若い!!)の司会のもと、スフィアン(左)とダマルカの工房のリーダーであるジャバーバイ(右)の、アジャラックブロックプリントの簡単な説明から始まります。

 

 

ターバンに使う布って結構大きいんです。

ちなみに、このアジャラックは両面プリントです。

 

 

それをジャバラのように細く折って、くるくると巻きつけていきます。

 

 

様になるなぁ。

引き続きアジャラックについての有り難いお話が続くんですが、途中から、周りで講演を聞いてたインドの職人さんが、壇上に登ってきます。

 

わいもわいも、とターバンを巻き始めました。

 

 

ムスリムの方は主にアジャラック染めのもの、ヒンディーの方は織りが多いそうです。

遠くから見ても、すぐどの宗教か分かるとのこと。

巻き方も大事ですが、柄やラインを綺麗に魅せることがポイント!

広げた状態の一枚の布としても、もちろん綺麗なんだけど、こんな風にぎゅっと巻かれてても、やっぱり力がある布だなぁって思いました。

 

 

周りから人が入ったり出たりしながら、講演はは続きます。すっかり彼らのペース。それを受け入れながら、のんびりと進めるふみさん。

ふっと漂ってくる香りも、あれ、この匂いインドだってなって、ここ来れて良かったなと。

 

 

ターバンは、一般的には男性がするものですが、女性の方も巻いてもらってました。

 

 

展示会には、各工房の商品が並ぶブースの他に、カッチ地方の刺繍を、民族別に紹介するギャラリーもありました。

今まで英語でしか見られなかった民族の説明が、日本語で読める、、、!これが本当にありがたい、、、!

 


 

 

写真を撮り忘れたんですが、刺繍マスターの資格を持つ女性が、現地のスタイルで刺繍を実演するコーナーがあって。これには、おばさま方も興味津々。刺繍する手の動きが早いこと早いこと。

 

 

岩立フォークミュージアムのコレクションも飾られていました。子供の民族衣装ほど力強いものはないよなと感じます。魔除けだったり、結納品だったり、親が子供のために長い時間と気持ちを込めて刺繍を施したエネルギーの塊。

 

インドでこの展示会の話を聞いてから、長いこと楽しみにしてたのですが、想像よりずっとずっと規模が大きくて。

彼らが日本で展示をするのは初めてとのことですが、一体どれほどの苦労があったことか、勝手に想像してしまいます。

インドを出ること自体初めてという方もいて。

実演に使う染料もカッチから持ってきてくれて。

 

日本に居て、こんなに沢山のカッチの布が見られて、職人さんも一同に集まってて、そんな機会を作りあげた主催の方には尊敬しかありません。

来れて良かった!