アジャラックブロックプリントで有名な村の1つ、ダマルカについての紹介です。

ブージからバスに乗って東へ!

 

 

1時間くらいかかるかな。帰りのバスのことも考えて、午前中に出発したほうが良いかもです。

 

 

おなじみ、表記と呼び名が違うインドあるある。

マップのスペルはDhamdkaなので、ダムドカと呼びそうですが、現地の看板はDhamadkaと何故か a が追加されていて、呼び名はダマルカ。よく分からん。

 

ダマルカでは、今もなお、紀元前から続く自然染めのアジャラックブロックプリントが続けられています。

 

 

アジャラックブロックプリントといえば、アジャラクプールも有名です。そして、アジャラクプールは実はここダマルカから派生してます。

2001年の大地震をきっかけに、川の流れとともに、水の質も変わってしまったんですね。なので、新たな地を求めて、引っ越さざるを得なかった。そうして出来上がった村がアジャラクプールです。

アジャラクプールの工房のリーダーと、ここダマルカの工房のリーダーは、ご兄弟なんです。カトリファミリーすごいなぁ!

なので、染色の工程はほぼ一緒。ですが、染められた柄や色に、それぞれの特色が出ます。

 

 

現地で出会った日本人は、ダマルカの布が可愛いと言ってました。確かに、同じような幾何学模様を染めてるはずなのに、アジャラクプールのものより、なんだか可愛いらしい印象なんです。

幾何学模様が柔らかいといいますか。
あの独特の威圧感がなくて、単に模様として受け入れやすいといいますか。

使われている色も、藍や茜のパキッとした、いわゆるこれぞアジャラックプリント!って感じの物だけではなく、暖かい色の掛け合わせなどもあります。

西洋からの観光客からは、パキッとしたものより、淡い感じのなじみの良い色が、ファッションにも取り入れやすくて、受けるみたい。

これは、工房にお邪魔した時に見せてくださった、草木染めの原材料サンプル。混ぜ合わせたり、化学反応を起こしたりして、綺麗な色を作ってます。

 

 

でも、やはり好みは分かれるところで。私はアジャラクプールの力強い文様に惹かれてしまうな。

 

工房の雰囲気は、日差しが入って軽やか。
建物も開放的な作りで、居心地が良いです。

 

 

 

実はショップと工房が分かれてまして。

ダマルカでバスを降りて、人づてに「アジャラックプリントはどこで観れる?」と聞いて回ると、恐らくはショップの方に辿り着きます。

私の場合は、そのショップで「工房って見学できる?」と聞いたら、工房までバイクで連れて行ってくれました。

そして、工房の方に大量に眠ってるんですよね、お宝が。
めちゃくちゃ埃かぶってたけどね。

 

 

ショップは布の量り売りや、ストールなどがメインですが、こちらは1枚でデザインが完成する大判ものが多いです。シーツとか。

初めて訪れた時は、流れでここも見せて頂きましたが、2回目の時は忙しそうで、ここのドアが開くことはなく、、、。多分物置なんだろうな。でも普通に購入もできました。

 

 

布を洗う水槽で、普通に頭洗ってるおじさんと、真昼間から浸かってる青年。

オープンで、明るい工房って、いいなぁ。
ここでものづくりができたら楽しいんだろうなぁ。

 

 

” 西インドの布について “ に戻る