ブージから東に向かってバスで20分ほど。
織物の村、ブジョディについて紹介します。

 

 

ブージから続く大道路から、少し南に入ったところにブジョディがあります。この看板と門が目印。

 

 

この門から更に10分ほど歩いて到着。ここら辺はどこもそうなんですが、砂地&炎天下&日陰無しです。10分歩くだけでも割と消耗します。水分補給を忘れずに!

ブジョディの村はほとんど1本道で出来上がってます。歩いてると、服屋さん、織物やさん、革靴屋さんなど、ショップが沢山並んでいて楽しいです〜。村自体が観光地のような。

 

 

特に織物が盛んな村でして、賞を取っただの、マスターコレクションだの、お店の壁に直接書かれてたりします。

そして有名な織元がこちら。” Vishram Valji Wankar Family ”

 

 

綿の収穫から、糸紡ぎ、染め、織りまで全て手作業で行われています。私、このおばあちゃん達が着ている民族衣装が大大大好きで、この服を着て歩いている人がいたら、常にガン見。本当かっこいいです。ちなみに、このツーショットは100ルピーと引き換えに撮らせて頂きました。笑 まあいいんだけどね〜。

ここの現オーナーさんは、新宿の文化服飾学院で出張講義をしたこともあるそうで、日本はカレーが少なくて困る〜と言ってました。行くたびにその話が出ます。

肝心の織物は、味わいがあって自然染めの柔らかい雰囲気が良く出ています。色のバリエーションも多く、日本でも普段使いできそうなストールが販売されてます。私も年中愛用してます〜。

(化学染料で染められた織物も混ざって陳列されてます。購入時は確認してみてね。何の染料が使われているかも教えてくれます。)

多くが輸出されていて、お値段は少し張ります。

ブジョディの1本道を最後まで進むと、だだっ広い敷地の中に建つ大きな施設にたどり着きます。比較的新しくできた施設です。

主にカッチ地方の工芸品を販売したり、憩いの場を設けたり、不思議なモニュメントが建っていたり、色々あります。いまいちここが何なのか、よく分かってません。

” Vande Mataram Memorial “

 

 

園内はロマンティックムード。2015年に初めて訪れた際は、工事中の場所がちらほらありましたが、去年の夏(2017年)には、ばっちり完成されていました。

 

 

ですが、外国人料金の跳ね上がり方がとんでもなく、、、うーん、、、。確かに建設料とか維持費とかすごそうだけど、、、。カッチ地方は良心的な外国人価格が多いので、少し躊躇してしまいます。

 

ブジョディ近辺でもう1つ紹介したい場所がここ。

大手繊維企業のスルジャン ( Surjan ) です。

 

 

カッチ地方広域の民族刺繍を得意としてます。各地の女性たちを刺繍のスペシャリストに育てあげ、その製品を販売している団体の本社です。

隣の村のアジャラクプールには、大きな博物館兼教育スペースを建設しています。

 

 

とにかく、ここの刺繍の細密さはすごいです。凄すぎて機械を超えそうです。

実際に、ここに製品を提供している女性の、刺繍を施す様を隣で見ていましたが、仕事が早すぎて衝撃でした。

製品は、カッチリキッチリ。インドの富裕層には人気ですが、手工芸を求めて来る外国からの観光客やバイヤーには、もしかしたら好き嫌いがあるかも。

とは言っても、クオリティーはピカイチですっ!!是非足を運んでみてください。

 

バスを降りてスルジャンに向かう途中には、こんな可愛らしいお店も。タイミングによっては実際に織物をしている様子も見られますよ〜。

 

 

スルジャンと合わせて是非!

スルジャンは、ブジョディから少し離れたとこにあります。歩くには遠いかも。ブジョディから大通りに出てトゥクトゥクがオススメです!

 

” 西インドの布について “ に戻る