今日は午前中にパキスタンの展示会 ” EMERGING PAKISTAN ” に

午後は週末だけ開かれる大規模マーケット、チャットチャックマーケットに行って来ました

パキスタンの大型展示会はタイで初めてらしいです

パキスタンは、ずっとずっとずっと、行きたいと思いながらも、まだ足を踏み入れたことがなく

一度本格的に計画を立てたけど、テロが流行ってた時期で、怖気付いてしまったんだよね

でも、パキスタンのテキスタイル、絶対現地で見たい

特にシンド州にあるアジュラックブロックプリントの工房、ちゃんと見に行きたい

民族衣装の本を見てても、あ、かっこいい!って目が止まるのは、いつもパキスタンのページ

情勢が良くなるのを待つのみ、、、

展示会場は “Queen Sirikit National Convention Center”

シリキット女王国際会議場

同じ名前のメトロステーションから直結です

ファッションを始め工芸と工業がメイン

ここに来た目的は、もちろん、パキスタンのテキスタイル!

全部のブースを回ってみたけど、、、

失礼と無知を承知で言うと、なんかインドで見たことあるものばかりだぞ

インテリアやガラス製品はイスラムチックな物もあったけど、服飾に関して言うと目新しいものは発見できず

そもそもインドの市場にパキスタンのものが入っているとは思うけど

チャイを飲んで、ひとまず、、、やっぱり、パキスタン、ちゃんと行かないとダメだなぁと

この展示会で1番興味を惹かれたのが

ホールで流れてたFIFAワールドカップのサッカーボールを作ってる工場の映像です

THE裏側

パキスタンで作ってたんだ

幾何学と手仕事と精密機械とスポーツ!

ワールドカップを観る目がちょっとだけ変わるね

で、そのまま週末チャットチュックマーケットに

以前にも何度か来てて、若者や観光客のための超大規模マーケット、ってイメージがありましたが

アートエリア広っ!!!!!

こんな広かったっけ!!!!!

お土産やファッションブースが並ぶ中、アートを売るスペースがしっかり確立されてます

いいなぁ

観光客の足も止まってて

購入の瞬間にも立ち会ってしまった

ファイバーアートもちらほら

タイの街並みをコラージュした作品が、すごく可愛くて

ポストカードセット買っちゃっいました

マーケットで普通に絵が売られてて、観る人の母数も多くて、アートが生活に入り込んでるってことを実感できる場でしたね

あと、奥の方に行くと、結構骨董品が充実してるのね

そこまで行くと、もう人通りもないんだけど

メイン通りのフレッシュなデザインも良いんだけど、こっち側も相当深そう

骨董品屋さんが一堂に毎週末集まってるってだけで、すごい

バンコクにくる楽しみ増えた〜〜!