ブージに工房を構える ” SIDR craft ” で、絞染めと板締めを経験した時のことを書こうと思います。

この工房は、滞在していたゲストハウスで出会った刺繍家のベルギー人に教えてもらったとこ。

毎年のようにブージに来ている方で、この工房の他にも、色々なテキスタイル関連の場所に連れてってくれました〜ありがたや〜。

それにしても、ブージって通う人多いなぁ。

 

 

表には特に看板などもなく、連れてってもらわないと、なかなか見つけるのが難しそうな場所。でも、あとからグーグルマップで行けることを発見しました。笑

このSIDRクラフトさんは、一度はブージで途絶えてしまった絞染めを再興させた工房です。数々の賞を獲得していて、ブージから欧米や西洋に絞染を発信しています。

何度か通ったのち、私も作ってみたいとお願いしたら、快諾してくれました。何でここら辺の人たちって、こんなにもウェルカムなんだろうな。ありがたいかぎりです。

 

まずは、板締めをやってみることに。

板締めと言えば、布を板などで事前に挟んでから染めて、部分的に白地を残すってイメージでしたが、ここでは逆のことをしました。

まずは染めてから、そののち挟んで、漂白剤に浸けるんです。

そうすることで、挟んだ部分は色が残ります。

 

ってことで、まずは布を染めてくれました。

 

 

そして、挟むとこから参加させてもらうことに。

 

 

細長い布を、蛇腹にして更に細長くし、それを三角に折り込んでいきます。結構な厚みになります。

 

 

それを紐で力強く縛ります。

残した端の部分は、板締めに。こうやって締めればいいんだなぁ。

 

 

そののち漂白。一瞬で白に戻ります!

 

広げて乾かすとこんな感じ。

 

なんというか、これだけシンプルなことしかやってないのに、出てくる模様があざといと言いますか、、、!これは色んな締め方を試してみたくなりますね、、、。

 

お次に、絞染めもやってみることに。

ブージを散策してると、こんな光景によく出くわします。

 

 

女性たちが、道端で布を絞ってるんですね。

男性は染め、絞りは女性の仕事だそうです。

そして、その絞りがめちゃくちゃ小さいんです。日本の鹿の子絞りより小さいかもしれない。

 

 

一個一個の絞りが人の手で施されていると思うと、手に取るのも恐ろしくなるほど。

絞染めなんて日本でもやったこと無かったですが、せっかくやるなら精一杯細かい絞りにしてみたい!ってことで、いざトライ!

 

 

まずは、デザインを考えます。使った布はシルクです。

簡単なレクチャーを受けたら、早速絞り始めます。

 

 

はい!

デザイン考えてからこの写真にいきつくまでに、実に10日かかってます。笑

暑苦しいゲストハウスの一室で、永遠と布をつまんでは紐を巻きつけてました。

 

 

それを工房に持って行って、今度は自分で染めてみます。染料は藍!

 

 

よく水洗したあと、乾かします。

 

 

広げるとこんな感じです。

 

 

ただ広げた状態だと、糸を外したとはいえ絞りの形がそのままなので、中に入り込んじゃって白の部分が見えにくいです。

両側を引っ張ってみると、模様が出てきます!

 

 

ここでもイスラムが関係してくるんですが、実は絞る前に布を半分に折ってます。そして、重なった部分を一緒に絞っていくんですね。

そうすることで、左右対称の柄に染め上がります。

 

絞染は、現地でも” SHIBORI “と呼ばれているので、てっきり日本から伝わったのかなと思いましたが、その歴史は古く、実はインドから中国を経由して日本に伝わったそうです。

とはいっても、布に模様を施す最も原始的な染色技法の1つなので、世界各地で独自の発達をとげているみたいですね。

 

絞染めの良さって、実際に作られているところを見て、そして現物を見て、やっと分かったような気がしました。シンプルな柄ながら、とても温かみがあります。1個1個の白い丸に、不思議と力があるように見えます。

日本にいた時は、ちょっと地味だな〜なんて思ってましたが。

現地の女性たちは、普段から絞染めの布を身にまとっているから、捉え方も違うんだろうな。

 

 

工房を訪れる度に、若い職人さんを撮っては、次に訪れる時に現像して持って行ってたんですが、ある時、壁に貼られているのを発見しました!嬉しいな!

 

 

絞染めに対して、とても真摯に向き合っているSIDRクラフトの皆さん。工房内でも、とっても細かい絞染めのストールなどが購入できます。是非訪れてみてね。