テキスタイルの一大産地!サンガネールの紹介です。

サンガネールはラジャスタン州のジャイプールに位置します。中心部からバスで南に1時間ほど。

 

 

表記ではサンガナーとなってます。表記と呼び名が違うインドあるある。

 

サンガネールの街を歩いていると、こんな光景をよく見かけます。

 

 

大きな水槽!大きな布!大きな干し場!そして小さく見えるインド人。
これぞ 産地〜!

体を目一杯動かして、この大きな貯め水の中で布を洗ってます。
ときに枠のコンクリートに布を叩きつけて染料を落としたり。

どさっと置かれている布、よく見ると色々な柄があって綺麗なんですよね〜。良い眺めだ〜。

干す時は、下から上へ布を投げてひっかけたり、上で人が待機して、投げられた布をキャッチしたり、とにかく投げていました。布が舞い上がる光景は見ていて結構面白いです。

でも、絶対上から垂らしていったほうが効率が良い!この日はたまたまだったのかな。

 

 

圧巻の干し場!何メートル分あるんだろう。

そして遠巻きにガン見してくる職人さん。

サンガネールは、染めで有名なので、外国人もよく訪れていると思っていたのですが、実際に行ってみると、あまり観光客に慣れている感じがしませんでした。その日は、私たち以外の観光客にも出会わず。

遠慮がちに工房に入ると、みなさんちょっとソワソワ。
私たちもつられてソワソワ。

でも、カメラでパシャパシャやってると、徐々に寄ってきます。

 

 

そして、俺も俺も攻撃が止まりません。

 

 

いちいち圧巻の背景!!笑
何回見てもすごい。

 

サンガネールの染めの手法としては、ブロックプリントが有名です。

ここのブロックプリントは500年ほどの歴史があると言われていて、イギリスをはじめ、西洋やアジアの国々に愛されてきました。綺麗めな柄が多いのもそのせいかな?

 

街には、そのブロックを彫る職人さんも。
歩いていると、コン、コン、コン、と心地よいリズムが聞こえてきます。

 

 

左手に持った杭と、それを上から打ち付ける木の棒だけで、こんなに繊細な柄を作り上げます。1mm程のほっそい線も、ガンガン打ち付けてあっという間に彫りあげちゃって、なんでポキっと折れないのかが不思議。

どこの工房でも、椅子は使わないで直接地べたに座り、小さな机の上で作業していました。足を折り曲げて1日何時間も座って彫ってます。

サンガネールに限らず、ブロックを彫る人は皆このスタイルなんですよね。力が入りやすいのかな。

 

 

ブロックプリントもさることながら、スルクスクリーンも台頭してます。

 

 

二人がかりで柄を刷っているいるところ。

 

 

ブロックプリントより圧倒的に制作スピードが速いので、やはり、こちらは勢いがあるように感じました。

街中に干してある布も、シルクスクリーンが多かったな。

職人さんが腰を痛めやすく、使っている染料もあまり良い噂を聞かないので、私の中で勝手に良いイメージが無いインドのシルクスクリーン。

でも大量生産の流れには逆らえないよね。

これがいずれ、シルクスクリーンから機械プリントになっていくのかな〜。

人の手で沢山の布が作られている、このサンガネールの産地風景、ずっと残ってほしいな〜。

ブロックを彫る、コン、コン、コン、の心地よい音、消えてほしくないな〜。

 

 

” 西インドの布について “ に戻る