ブージから北西のところに位置するニローナについて、紹介します。

 

 

ブージから結構遠いです。直通のバスが出てます。

 

ニローナには、村を代表する工芸品があります。それが、ローガンアートです。

そもそもローガンアートとは。

まず材料ですが、この地域に生えている植物から、ひまし油を採取して、それに色粉を混ぜて絵の具にしています。結構粘り気があります。

それを使ってどうするかというと、、、

 

 

静止画で、この独特な描き方が伝わるでしょうか、、、。まず絵の具を棒の先にくるくると巻きつけて、ちょっとずつ垂れてくる状態にします。そして、垂れてくる絵の具を布に乗せていくのです、、、!右手もさることながら、左手の布を動かす動きが重要になってきます。垂れるといっても、粘り気があるので、ある程度コントロールはできるみたいです。

そうやって進めていきながら、まずは、布の右か左の半分だけ描くんですね。そして、それを真ん中で谷折りにするんです、、、!

すると、その粘り気のある絵の具が、反対側にもついて、左右対称の絵になると、、、。独特な手法すぎて説明しづらい。

グジャラート州は、主にイスラーム圏のため、左右対象が美しいものとされています。モスクなどの建物や、絵画、壁画、もちろん布に描かれる柄も左右対称が多いです。

絵の具が乾かないうちに半分に折って写して、また描いて半分に折って写して、を繰り返し、出来上がった布がこちらです。

 

 

すごいーーー!

垂らしながら描いてこの細密さ。半分に折っただけで、こんなに綺麗に左右対称になるんだな。

モチーフは生命の樹がメインで隠れクジャクがいたりします。

 

 

ローガンアートは、世界で1家族だけで作られています。その歴史は長く300年以上受け継がれているそうです。実際に描いている光景はここニローナでしか見られません。販売されている布も、都心の工芸ショップで売られているものより、クオリティーが高く細かいです。

 

 

壁には、数々のトロフィーやら賞状が、、、!2014年にはアメリカの元首相のオバマさんにもプレゼントされたんだとか。他にも、インドの首相が各国の来賓への贈り物として、よく選ばれています。

ちなみに、お値段はインドの他の工芸品と比べると少し張ります。写真のものだと4000〜5000円くらい。制作期間は1週間で仕上がるものから、1年かけて制作されるものもあるそう。オバマ首相に贈呈されたものはどんな布だったんだろう、、、いつか見てみたいな、、、。

 

ちなみに、このローガンアート家の近くには、唐突に1台だけATMが建っています。

何の気なしに来た観光客が、この絵に魅入られて、お金をおろしていったんだなぁと。

一緒に行った日本人は、まんまとATMに吸い込まれ、お気に入りの1枚を持ち帰ってました。額縁に入れて日本の部屋に飾ってるらしい。

 

 

” 西インドの布について “ に戻る